独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛労災病院

Japan Council for Quality Health Care
日本医療機能評価機構認定病院
臨床研修指定病院・愛媛県がん診療連携推進病院

皮膚科

トップページ » 診療科・部門紹介 » 皮膚科

  • 診療について

皮膚は目に見える部位なので皮膚病は生活の質に深く関わってきます。
そのため受診された方とよく話し合い、様々な治療法をご提案し選んで頂けるように心がけています。

一般皮膚科

皮膚、毛髪、爪に関するあらゆる皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、アトピー性皮膚炎、にきび、乾癬、脱毛症、とびひ、帯状疱疹や蜂窩織炎などの感染症、皮膚悪性腫瘍など)を診察しています。
重症アトピー性皮膚炎に対するデュピクセント(IL-4/13受容体抗体)や、難治性じんましんに対するゾレア(抗IgE抗体)などの注射剤による治療も行っています。
接触皮膚炎(かぶれ)や、金属アレルギーが疑われる方には、パッチテストを行っています。
尋常性乾癬には外用療法だけでなく、アプレミラストやシクロスポリンなどの内服療法も行っています。ニキビに対しては体質に合わせて漢方薬を使用する事もあります。

美容皮膚科

ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴール)

酸を使用して古い角質を溶かすことにより表皮の再生を促す治療です。
*毛穴の開きや、ざらつきの改善、ニキビをできにくくする
*古い角質を除去し、くすみを目立たなくする
*肌の張りが生まれる、小じわが目だなくなるなどのアンチエイジング作用

イオン導入(高濃度ビタミンCローション)

浸透しにくい美容成分を、微弱な電流を利用して皮膚の奥深くまで浸透させる方法です。
*メラニン合成を抑えてシミを改善する効果
*きめが整う、毛穴が閉まる、ニキビ改善

どちらも10分程度の所要時間で、顔の赤みや不快感などもほとんど出ることがなく、安全に施術を受けて頂けます。

トレチノイン

角質をはがし、表皮角化細胞を分裂・増殖させることで皮膚の再生を促し、しみを外に排出させる作用があります。 表皮内でヒアルロン酸などの分泌を高め、皮膚をみずみずしい状態に導きます。また、真皮ではコラーゲンの分泌を高め、小ジワの改善や皮膚のハリが戻ってくるなどの効果が期待できます。
ホームケアとしてお使い頂けるよう様々な濃度をそろえています。
効果が高い分、刺激感や赤みなどの作用がでやすいため医師の指導の下での使用が必要です。

ハイドロキノン

メラニンの産生を抑える美白剤です。トレチノインと併用する事でしみに対する高い効果が期待できます。また、肝斑にも有効です。

高濃度ビタミンCローション

安定型で酸化しにくく、肌への吸収率も高い高濃度ビタミンC誘導体ローションです。
イオン導入で使用しているものをホームケアとしてお使い頂けます。

セルニュープラス

美容皮膚科学に基づいた化粧品です。



まずは皮膚トラブルに関する正しい診断が必要なので、年齢、性別を問わず、何かお悩みがある場合は皮膚科でご相談ください。


担当医表

時間帯

午前受付11:00迄

樋口睦美ひぐちむつみ

宇都宮亮うつのみやりょう

樋口睦美

樋口睦美

樋口睦美


認定施設等の資格

生物学的製剤使用承認施設


診療スタッフ

樋口 睦美 氏名 樋口 睦美
役職 皮膚科医師
学会等 日本皮膚科学会認定専門医