独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛労災病院

Japan Council for Quality Health Care
日本医療機能評価機構認定病院
臨床研修指定病院・愛媛県がん診療連携推進病院

薬剤部

トップページ » 診療科・部門紹介 » 薬剤部

薬剤部の理念

医療スタッフと連携し、信頼される医療を目指します。

薬剤部の主な業務

外来調剤

当院では2001年より、全面的に院外処方となっています。

院外処方について詳しくはこちら»

後発医薬品について詳しくはこちら»

入院調剤

入院患者さまのお薬を調剤しています。「正確な調剤」はもとより、「薬の飲み合わせ」にも注意を払っています。また、その人の体格や腎臓・肝臓の働きにあったお薬の量であるか、飲みやすい形になっているか、なども確認しています。

薬剤情報管理

お薬は効果、使い方、副作用、使用上の注意などの情報があって、はじめて有効かつ安全に使用することができます。薬剤部では、常に最新の情報を集め、必要な情報を適宜、医師や看護師などへ提供しています。

薬物血中濃度測定

お薬には、お酒と同じように効果や副作用に個人差があります。お薬が体に入ると、血液の流れに乗って運ばれ、必要なところでお薬の効果を発揮します。そこで、血液中のお薬の濃さを測定することによって、お薬の量や使う間隔を調節するのに役立てています。薬剤師はこれらの情報をもとに、医師へより良い治療計画を提案しています。

薬剤管理指導業務(入院患者さんへのお薬の説明)

全ての病棟で薬剤管理指導業務を行っています。さまざまなお薬が開発され、薬物療法がますます複雑になる中で、専門知識を活かして医師や看護師と話し合い、より良いお薬の治療を提供できるよう努めています。ベッドサイドでは患者さまへのお薬の説明などを行っています。

薬剤部のスタッフ

薬剤部長 深田章 薬剤師 松下香織
小野雅文
大成政揮
松本善江
西山李慧
主任薬剤師 真鍋憲司
福田博音
伊丹元治

■お薬についての疑問・相談があれば、薬剤部窓口にてお気軽にお声をおかけ下さい。