独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛労災病院

Japan Council for Quality Health Care
日本医療機能評価機構認定病院
臨床研修指定病院・愛媛県がん診療連携推進病院

呼吸器内科

トップページ » 診療科・部門紹介 » 呼吸器内科

  • 診療について
  • 睡眠時無呼吸検査

担当医表

時間帯

午前

塩出昌弘しおでまさひろ(予約のみ)

塩出昌弘

塩出昌弘

塩出昌弘

塩出昌弘

診療内容

  • 腫瘍性疾患:肺癌、悪性中皮腫、縦隔腫瘍など
  • 呼吸器感染症:肺炎、肺結核症、肺非結核性抗酸菌症、肺真菌症など
  • び漫性肺疾患:間質性肺炎、サルコイドーシス、塵肺など
  • 閉塞性肺疾患:COPD、肺気腫、慢性気管支炎など
  • アレルギー:気管支喘息、薬剤アレルギー、好酸球性肺炎、過敏性肺臓炎など
  • 睡眠時無呼吸症候群
    睡眠時無呼吸症候群に係る検査
  • 慢性呼吸不全

診療スタッフ

塩出 昌弘 氏名 塩出 昌弘
役職 呼吸器内科部長
専門分野 気管支鏡、アレルギー(主に気管支喘息)、呼吸器感染症、肺癌、呼吸管理(呼吸リハビリテーション)
資格 日本呼吸器学会 指導医 専門医
日本呼吸器内視鏡学会 指導医 専門医
日本感染症学会 ICD(infection control doctor)
日本医師会 産業医
日本結核病学会 結核抗酸菌症 認定医 指導医
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医

睡眠時無呼吸検査

睡眠時無呼吸精密検査のご案内

睡眠時無呼吸症候群については、2003年に山陽新幹線での居眠り運転が報道されてから、広く世間に知られるようになりました。日中の異常な眠気からくる 交通・産業事故や、糖尿病、心血管系疾患、脳血管障害等との合併症が問題視され、診断・治療に対するニーズは年々高まっています。その睡眠時無呼吸症候群の最も精密な検査方法が終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)です。日中の眠気がひどいなど睡眠時無呼吸症候群が疑われる方は、愛媛労災病院呼吸器内科にご相談ください。

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)の流れ

  1. 外来受診(呼吸器内科)
    PSG検査入院についてご説明します。
    かかりつけ医からのご紹介がスムーズです!
  2. 検査入院
    患者さまに18時までに救急外来の受付に来ていただきます。検査入院は火曜又は木曜に行います。
  3. 入院病棟入室・検査開始
    看護師より入院時の説明をし、検査のためのセンサーをお付けします。
  4. 検査終了・退院
    朝6時にセンサーを取り外します。シャワーを希望される方は7時30分より使用可能です。
  5. 外来受診
    検査結果をご説明します。

お支払い

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)の患者さまは、1泊入院の検査料と個室料をご負担いただきます。個室料は病室タイプ、食事の有無により異なります。(健康保険3割負担の方のお支払は約40,000円~50,000円です。検査入院時にお支払いただきます。)

睡眠時無呼吸症候群の検査を希望される方は、呼吸器内科外来までご連絡ください。
電話 0897-33-6191(代表)
※かかりつけのお医者さまと当院の地域医療連携室が事前に連絡をとって予約されますと、初診時特定療養費(1,500円)が不要になり、待ち時間が短くなります。

印刷

PDF 140KB