独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛労災病院

Japan Council for Quality Health Care
日本医療機能評価機構認定病院
臨床研修指定病院・愛媛県がん診療連携推進病院

助産外来

トップページ » 入院・外来の方へ » 専門外来のご案内 » 助産外来

皆様とゆっくりお話しながら、妊娠中に起こる体の変化を理解して、安心してお産に臨めるようにお手伝いいたします。より良いマタニティライフのために、ぜひ『助産外来』をご利用ください。

助産外来とは

正常な妊娠経過をたどる妊婦さんを対象に、医師と協力しながら助産師が妊婦健診や保健指導を行う外来です。妊婦さんとゆっくりコミュニケーションをとりながら、安心して妊娠期から産褥期を過ごしていただけるようにサポートいたします。

対象の妊婦さん:以下の条件をすべて満たしている方

  • 正常な妊娠経過をたどる妊娠16週~39週の方
  • 助産外来を希望している方
  • 医師の許可のある方

*妊娠経過中には医師の診察も数回含まれます

健診日時

毎週水曜日 14時~17時
毎週木曜日 14時~16時

時間

1人約30分の完全予約制

診察場所

産婦人科外来

担当者

助産師

診察料金

一般の妊婦健診と同額

健診内容

妊婦健診、超音波検査、乳房チェックや乳房マッサージの指導、マタニティライフに関する個別保健指導など

図Q&A

産科外来と助産外来の違いは何ですか?

健診は医師が行っている妊婦健診と同じですが、完全予約制のため待ち時間がほとんどなく、ゆっくりと健診・相談・週数に応じた保健指導を受けていただくことができます。

予約の方法は?

初回の助産外来は、妊婦さん自身が希望し、医師から許可が出た時に予約できます。以後は外来受診時に次回の予約を取っていただくか、産婦人科外来まで連絡していただくようになります。

助産外来診察時に異常があった場合は?

助産外来で異常がみつかった場合は、その日の外来担当医師に診察依頼します。
医師との連携の下で妊婦さんの健康管理に努めます。

助産外来にかかると、医師による診察はないのですか?

正常な妊娠経過の方も妊娠20~23週、28~29週、34~35週頃は産科外来の受診となります。また、ご希望により以後の妊婦健診を産科外来へ変更することも出来ます。

助産外来で薬が欲しい、やっぱり医師の診察を希望する場合は?

薬が必要、医師の診察を希望する場合は、その日の外来担当医師に診察を依頼することも可能です。

前回帝王切開ですが助産外来は希望できますか?

妊娠経過に異常がないと医師が判断したら、34週までは助産外来で健診を受けることができます。それ以後は産科外来となります。

逆子ですが助産外来は希望できますか?

妊娠経過に異常がないと医師が判断したら、34週までは助産外来で健診を受けることができます。それ以後は産科外来となります。

妊婦検診時の3D画像 3D画像 助産外来を受信された方のお声
  • 「ゆっくり話を聞いてもらえる。次回も受診したい。」
  • 「女性同士のため何でも相談できた。」
  • 「妊娠中から顔見知りの助産師が入院しても居てくれるので安心でした。」

お父さんやお兄ちゃん、お姉ちゃんやご家族の方もご一緒にどうぞ!
家族みんなで新しい命を迎えましょう!!

写真